-->

INDEX (もくじ)

いらっしゃいませ。
このブログはRPGツクールシリーズの歩行グラフィックの作成方法を
初心者に教えることが目的のブログです。
素材の配布は行わない方針です。予めご了承下さい。
作り方ブログです。

●改造~200X編~
このコンテンツ配下で作成するものはトレース・フリーです
パーツの色替え
・パーツの組み替え
・パーツの描き変え
・アクセサリを描き足す
*翼・マント
---------------------------------------------------------
●改造~VX/Ace編~
このコンテンツ配下で作成するものはトレース・フリーです
前準備!(RTPパレットデータ定義)
・パーツの色替え
RTPキャラクターパーツの色替え
ちびキャラツクールのパーツをもっと色変え
┗パレットに無い色に変えたい(パレットプチ自作)
・パーツの組み替え
┣RTPキャラクターをパーツを組み替える
ちびキャラツクールのパーツを男女枠すら超えて自由に組み替える
・パーツの描き変え(削り)
・アクセサリを描き足す
*翼・マント
---------------------------------------------------------
●ひな形から作成~200X編~
・ひな形作成
・画風研究
・髪
*:

□オリジナル/二次ホコグラを作る
オリキャラで作成 [1]資料作成
オリキャラで作成 [2]正面-髪-
オリキャラで作成 [3]正面-服-
・オリキャラで作成 [4]正面-アニメパターン-
---------------------------------------------------------
●ひな形から作成~VX/Ace編~
・ひな形作成
・画風研究
・髪


*-----*
オリジナル/二次ホコグラを作る

---------------------------------------------------------
●ひな形なし作成~モンスター・マスコット~
デカいのは大変だ…

---------------------------------------------------------
●応用編
・半透明(アルファチャンネル)
・パレット作成
ドット絵で顔グラ(96x96)
ドット絵で顔グラ2(80x60)

========================================
●ドット絵を打つに当たって?
ドット絵を決まった大きさで並べて描くにはどうするの?
ドット絵の定義って?縮小画像じゃダメなの?
※これから始める方はMSペイントで描くのは止めてください。モチベ低下して終わります。
---------------------------------------------------------
●ツールの使い方
おすすめツール

EDGEの使い方
ALFARの使い方

---------------------------------------------------------
●基礎編
円、曲線
・アンチエイリアス
 円にアンチする場合
・直線
 ほぼ使わないのでオマケ
---------------------------------------------------------
小技
ホコグラ編集の小技
顔グラ編集の小技

---------------------------------------------------------
●気持ち的なこと
ドット絵に触れたことがないことについて
「ドット絵の才能がない」について
男性ツクラーと女性ツクラーの素材自作傾向に関する一考察

トレース・フリー とは
そっくりそのままマネして作ったものを好きに(自分が作ったと主張して配布)して良いという私の作った造語です。

【Androidアプリレビュー】8bit Painter

■Androidででかいドット絵を打つためのツール探し■
→「でかいドット絵」の定義
 一枚絵。要はイラスト。
 サイズは160x96とする。色数は自由。
 心が折れた場合はPCに持ってきてそれなりの形にすること。
 環境はAndroid8 HUAWEIタブレット(液晶面積が異なるため携帯UIの評価はできない)
20200425

202004252


160x96が打てなくて96x96でスミマセン。

これも正方形しか打てないタイプのツールです。インスタでは良いかもしれません。

キャンバスサイズは先述のとおり正方形固定。サイズも16,32,48,64,96,128しか選べません。
パレットは別画面で管理されていますがフルカラーペイントなので、パレットを操作しても画面の色が変わるということはありません。
パレットを作るためのカラーピッカーはこんな感じ。画面下部がパレットになります。左右スライドで他に記録した色が出てきますが、一直線パレットって使いづらいよなあ。

202004255


グリッド・バケツ・透過色あり。レイヤは無し。シンプルを目指しているツールのようです。
拡大はピンチ、キャンバス移動は指2本でのスワイプが使えますが、拡大がやっぱり誤動作するようで、わざわざキャンバスの下に拡大率スライダーを別に備えています。

【心が折れた問題】
・パレットが別画面
・ペンの太さが1px固定

202004253202004254(右:PCで修正)
ドット絵向けパレット機能も色の置換機能も具備されていないと、グラデ作成した後修正が効かないのがつらい
ちなみに前の記事でも、PC修正時に片目の位置を1ピクセル動かしています。気づいても修正するのがアプリだと億劫…
--

【Androidアプリレビュー】ドットピクト!

■Androidででかいドット絵を打つためのツール探し■
→「でかいドット絵」の定義
 一枚絵。要はイラスト。
 サイズは160x96とする。色数は自由。
 心が折れた場合はPCに持ってきてそれなりの形にすること。
 環境はAndroid8 HUAWEIタブレット(液晶面積が異なるため携帯UIの評価はできない)
20200418

Screenshot_20200418_141034_net.dotpicko.dotpict_1

160x96が打てなくていきなり96x96でスミマセン。

独自コミュニティを供えているドット絵ツール
それ以外に優位な点は無いと感じました

まずキャンバスサイズは先述のとおり正方形固定。サイズも16,24,32,48,64,96,128しか選べません。
パレットもスクショの通り16色固定。なので結構上級者向け。
カラーピッカーは有りませんがグラデを作るのはそこまで難しくないかな。
グリッド・バケツ・直線・円・矩形選択などは具備。レイヤは無し。矩形塗りつぶしも無いなあ。

パレットは何番を選んでキャンバスに置いているかは管理していないようで、初期化等の目的でパレットに同色を並べてから色を変えるとキャンバスがヤバいことになる。つまり16色の皮を被ったフルカラーイメージ。
一応キャンバスとパレットは連動しているので後から色の調整は可能。

あと肝心のコミュニティですが、閲覧しているとアプリが頻繁にハングアップします。メモリ3Gはあるんだけどな…


【心が折れた問題】
・スポイト機能が無い
・ペンの太さが1px固定
・指2本でのジェスチャスクロール、拡大縮小操作の感度が作業妨害並に悪い。操作を受け付けずに変なところにドットが付いてしまうことが多々ある。

dotpict_20200418_170543 dotpict_20200418_170543_2(右:PCで修正)
色数が限られると影色に他の色使い回すのでファミコン感が出てきてしまう…
ちなみに管理人、色数少ないドット絵が苦手というか嫌いなレベルです

--

ちびキャラツクールがいつの間にか終了してますね

リンク外すか…

VXAce以降のツクールにはキャラクター生成機能が標準搭載されているので不要になったってことなんでしょうね。
もともとVX無印向けに作られたものっぽいし…

[2020/03/22]
記事内のリンク含めて全て外しました

リハビリ

ツクールと関係無いんだけど…

ひとつ前の記事で描いた顔グラがヤバすぎて
「うそ、私のドット絵劣化しすぎ…?」と思ったので
320x240サイズで急遽打ってみたもの。

20200128※作業環境はPC

そんなに悪くなかった。むしろ3DSで打ってた頃よりマシになってた。
やっぱり原寸プレビューができる環境は大事だと思います。いちいち原寸に戻してバランス見るって面倒臭い。
顔を打つ場合は大きめの作業サイズを選ぼうね。

ポイピクにも同じの上げてます

このブログについて
このブログに素材はありません。

RPGツクール200X / VX・Aceのキャラチップ加工方法・作成方法を展開することを目的としたブログです。

拍手は気軽に押してください。
記事検索


おすすめツール
■ドット絵ツール
EDGE
利用者が多いドット絵ツール。「2」はフルカラー対応。

DotPainterALFAR
ホコグラ作成に特化したドット絵ツール。中坊からずっと使ってます。

■ペイントツール
PictBear
256色画像のパレット読み込みとαチャンネル両方に対応しているペイントソフト。実はこれ1つで大体のことができたりする。

■レタッチソフト
JTrim
トリミング/余白調整、減色/フルカラー変換などを行う時に使うソフト。起動がとにかく早いためJPG⇔GIF⇔PNG⇔BMPの画像形式の変更をするのにも使う。

【一応持ってるツール(有料)】
Photoshop(7)
画像編集の最強ソフトのナンバリングシリーズ最終版。ドット絵含め、絵を描くのには向いてるかは疑問。
αチャンネル+グリッド表示している画像で使っているのはこいつ。

openCanvas(3~4)
操作方法等の画像に文字入れしているのはこいつ。
Photoshopより起動が早いがグリッド表示に難あり。透明水彩の表現力は他の追随を許さない。

・SAI(1.0~)
素材作りでは特に使っておらず、メイキング記事の補足イラストをざくざく描くのに使っているやつ。
動作が軽快だが直線や円ツールを具備しておらず、細かい画像編集には不向き。

・CLIP Studio Paint EX
とてもコミスタの後継ソフトとは思えない使い勝手の悪さ。
CLIP Studio Paint PROを買うのが正解では。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
プロフィール

Tomoya_T

最新コメント
アンケート
今後このブログでやってほしいことなどはありますか
なおマップチップは作れないので除外しています
  • ライブドアブログ